JBA協会ブログ

2020年02月12日

意外?!と多い返戻について

img

こんにちは。

2020年も2月に入り、あっという間に過ぎる日々に恐怖を感じている協会職員です。

 

さて、今回は日々協会に届く返戻で意外?!に多い返戻についてお知らせしようと思います。

まず協会では、返戻を大きく2種類に分けて管理しています。

① 申請書に対して何かしらの疑義を持たれて返戻になる「 疑義返戻 」

② 入力の誤りや資格喪失による返戻「 簡易返戻 」

疑義返戻に関しては先生方も日々頭を悩ますところだと思いますが…今日は簡易返戻についてです!

簡易返戻の中でも多いのはやはり「 記号・番号相違 」です。

レセコン入力の際に数字の入力を誤る、記号・番号の順序が逆になっている、記号・番号に同じ番号を入力してしまい2重となる、などがあります。

それに次いで意外と多いのが「 性別の誤り 」です。

男女の選択ミスや未選択により男のままになり返戻となっている申請書をよく目にします。

たったほんの少しの入力誤りですが、積み重なると何枚もの返戻となってしまいます…!

月1回の保険証確認や、受診日の確認はもちろんですがぜひ「 記号・番号 」や「 性別 」についてもしっかりとご確認頂き、申請書を作成して頂ければと思います。

 

 

 

 

img img
トップに戻る