医療機器販売

干渉電流方低周波治療器 フィジオ5D

img
名称 干渉電流方低周波治療器 フィジオ5D
メーカー 酒井医療株式会社

3つの干渉波が織りなす位相のズレをコントロール

6つの電極を使って3つの干渉波を発生させ、それらが織りなす位相のズレをコントロール。
これまでにない心地よい電流のうねりを生み出し、刺激範囲も3次元的に拡がりました。基本治療の搬送周波数は5,000Hzを採用。特に深層部のポイントに痛みなく刺激を届かせやすくなっています。
また、周波数をスウィープさせることで、さらに複雑なうねりを生み出せるほか、表層部から深層部まで広範囲に治療を行うことも可能になりました。

主な特徴

3Dシフト干渉波独特のうねり2次元にはない、3次元の力。

表層だけでなく、深層の筋肉まで広範囲にわたって、3次元に治療を行えるのが「フィジオ5D」の特徴です。
さらに、3Dシフト干渉波独特のうねりが治療後も長く強く残存します。痛みが広範囲にわたる場合や、肘や膝、肩などの入り組んだ関節に適した治療を可能にします。

より多くの干渉ポイントが、複雑な3次元のうねりを実現これまでの干渉波治療器と「フィジオ5D」の違い

干渉波治療とは、周波数1,000Hz以上の2つの異なる中周波電流を身体に流して交差させ、その周波数の差から生まれる干渉低周波刺激を利用して痛みの緩和などを行う治療法です。
従来の干渉波治療器は、単一電極の導子を用いて4極で電流を干渉させるタイプが一般的でしたが「フィジオ5D」は、6つの電極を使って干渉波を発生させます。

線+3次元で捉えて様々な治療が対応可能に症状に合わせて使い分ける

怪我の痛みを素早く軽減させたり、筋肉の炎症を落ち着かせたいときには「フィジオアクティブHV」、痛みが広範囲にわたる場合や、肘や膝、肩など関節には「フィジオ5D」などのように、部位や、症状に合わせて治療方法を選択することで、より効率よく治療を行うことが可能になります。

フィジオ%D

使いやすさを第一に考えた豊富なアクセサリー使いやすさとデザインを追求

治療をスムーズに行っていただくための充実した標準装備も「フィジオ5D」の特徴です。関節にもしっかりと装着できる吸引装置、様々な治療部位に合わせたMサイズとLサイズの吸引カップをはじめ、専用ワゴン、リモコンなど、セラピストの使いやすさを第一に考えた、豊富なアクセサリーを搭載しています。

【 EMC規格適合品 】
EMC規格について:Electromagnetic Compatibilityの略で電磁両立性のこと。機器が電磁妨害を与えず、かつ受けたとしても影響を受けないことをクリアした機器が受けられる認証。本製品はEC60601-1-2:2007に適合しています。

仕様

寸法 本体/412(W)×297(D)×78(H)mm
吸引装置/412(W)×300(D)×110(H)mm
ワゴン/590(W)×520(D)×800(H)mm
質量 本体/5㎏
吸引装置/7.3㎏
ワゴン/約25kg
電源 本体/AC100V 50/60Hz
吸引装置/AC100V 50/60Hz
消費電力 本体/110VA
吸引装置/35VA
出力電流 最大70mArws
出力電圧 最大100Vp-p
出力周波数 5KHz/10KHz/15KHz
タイマー 最大60分
一般的名称 干渉電流型低周波治療器
JMDNコード 36737000
医療機器認証番号 304AFBZX00031000
JANコード 4562189050574
使用目的、効能又は効果 経皮的に鎮痛及び筋萎縮 改善に用いられる神経及び筋刺激を行うこと。

医療機器について購入をご検討の方

無料デモ体験も実施しています。
まずはお気軽にお問い合わせください。

※医療機器の販売は株式会社ハートアンドハートが行います。
img img
img img
トップに戻る